二代礼之の気まぐれ時々日記

二代礼之の気まぐれ時々日記


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しや

Category: 彫刻/彫刻修理   Tags: ---
9月に入ったが、いまだに毎日暑い。
この一週間は、いろいろと忙しい毎日だった。
週末土曜日と日曜日は、彫刻講座でバタバタ。
仕事の依頼もたまって少し大変。
昼間は、お客さんも多くて、なかなか仕事が進まない。
明日も 高山で毎年開催されている『暮らしと家具の祭展』にも行ってこなければならない。
知り合いの出展者が多く陣中見舞いと言ったところか?
またまた仕事が出来ない。
例の如く作業は、連日深夜になってしまうと言う有り様だ。

しかし忙しくさせてもらっている事は有難い。
感謝、感謝だ。

で、何を作っていたか一部だけ紹介。

1、少し前に彫刻品の修理依頼が来ていたので、その修理。
  バリバリに破損した『籠鶏』。
  CIMG3340B.jpg

 CIMG3343B.jpg

  破損後時間が経過していたので、作業が難攻。

  CIMG3348B.jpg

  CIMG3358B.jpg
 何とか修理完了。
 CIMG3355B.jpg


 
2、ぐい呑みの木地制作
  CIMG3337B.jpg


3、スカイツリーの木地制作
 
 スカイツリー木取り
  CIMG3374B.jpg

  スカイツリー木地完成
  CIMG3377B.jpg


4、干支(巳)制作
  CIMG3372B.jpg

  CIMG3373B.jpg


と言ったところかな。


-AyayukiⅡ-


小坂彫房 Newページ(2012.03~)
http://kosakachoubou.web.fc2.com/index.htm
スポンサーサイト

8月も終わり

Category: 未分類   Tags: ---
8月も終わりです。
子供達の夏休みも終わり、落ち着いた日常が戻ってきた感じ。
夏休みと言えば工作。
今年は、木の動物(キリン)と貯金箱を制作した。
いつもの事だが、子供本人は、あまりヤル気無し!
いつもの事だが、親は、真剣!!
なんだかなぁ~と思ってしまいます。

学校での発表も終わり早速作品が戻ってきたので、ちょっと紹介。

SN3V0044B.jpg
ゴロゴロ貯金箱

話は、変わりまして
9月2日から『オープンカレッジin飛騨』の木彫講座がスタート。
講師として森林文化アカデミーの松井教授、森林研究所の渡辺様、
それから非常に恐れ多いのだが、私も講師の1人になっている。

最後の人 大丈夫かぁ~~??

今回は、森林文化アカデミーの非常勤講師としてなので、一段とプレッシャーがかかる。

「樹と木を考える」と言うテーマで木の皿作りを進めていくのだが、
松井教授も渡辺様も真剣です。もちろん私も真剣ですョ!!
入念な下調べや準備。
勉強になります。

1日は、飛騨センターのスタッフの方々と最終打ち合わせ。
気合い入れて行こう!!

画像1画像2


-AyayukiⅡ-




小坂彫房Newページ (2012.3~)
http://kosakachoubou.web.fc2.com/index.htm

2013干支ぐい呑み

Category: 彫刻   Tags: ---
先月から図案をどうするか考えていた『干支ぐい呑み2013』。
来年は、“巳”なのでデザインが難しい。
一般には、気持ち悪い、怖い等と言ったイメージの蛇。
どうしたら感じ良くおさまるか?
いくつかの図案を考えて最終的に決定したのは、下の図。

巳2013B
2013干支ぐい呑み巳之図

早速サンプル制作。
図をぐい呑み木地にうつしとる。
お次は、出ましたサンドブラスター。
CIMG3305B.jpg
砂を高圧で吹き付けて彫っていきます。
CIMG3301B.jpg
作業は、ガラス越しになります。
素手だと手が削れてしまうので厚いゴム手袋。
まるで危険な細菌を採取してるみたい。
CIMG3297B.jpg

CIMG3300B.jpg

CIMG3306.jpg
こんな感じで蛇のシルエットを残し木目を削り出す。(洗出し)
ここから先は、手彫り作業。
完成品は、後日upします。

代わりに2011卯バージョンと2012辰バージョンの紹介。
ぐい呑(干支 卯B)2011 03 14

ぐい呑(干支 卯C)2011 03 14

辰バージョンの写真が見つかりませ~ん。
すみません。探しておきます。

-AyayukiⅡ-


小坂彫房Newページ (2012.03~)
http://kosakachoubou.web.fc2.com/index.htm

豆キーホルダー

Category: 彫刻   Tags: ---
残暑が厳しいですねぇ。
おかげさまで朝晩は、とても涼しくななったが 日中は、暑い。
飛騨は、標高が高いせいか日差しも刺すように痛く感じる。

暑いのも後もう少し、頑張って行こう。

話は変わり、以前に少しお話した『豆キーホルダー』。
先日 某会社を通してお客様に納品が完了。
そんな訳で少しだけ紹介します。

1708B.jpg

1712B.jpg

1723B.jpg

1730B.jpg

1737B.jpg

1744B.jpg

1754B.jpg

ふぞろいな豆達。
それぞれに個性があって良いと思いませんか。


-Ayayuki2-


小坂彫房Newページ (2012.03~)
http://kosakachoubou.web.fc2.com/index.htm

れんげ仕上げ

Category: 彫刻   Tags: ---
本日は、一日 “ れんげ仕上げ ”

“ れんげ仕上げ ”って何のこっちゃ??

れんげ仕上げとは、丸刀仕上げの事。
丸刀を丹念に一刀一刀鱗のように彫っていく。

そもそも『れんげ』とは、丸刀を意味する業界用語。
私たちは、丸刀を『れんげ』もしくは『れんげ鑿』と言う。


この“ れんげ仕上げ ”は、本当に手間のかかる仕上げ方。
出来ればやりたくない。
やりたくないが、仕上がりがとても綺麗な為に やってしまう。
これも一種の病気かもしれない。

私の作品は、この手法を多く取り入れている。

そんな面倒な作業を今日一日中やっていた。
疲れる。肩がこる。いやになるぅ~~~。

CIMG3259B.jpg
れんげ仕上げ前の木地

CIMG3261B.jpg
一刀、一刀丹念に!

CIMG3263B.jpg
途中経過

CIMG3266B.jpg
前面完了
もう、かなり疲れたぁ。
裏面もがんばるゾーーー。

CIMG3269B.jpg

CIMG3270B.jpg
ようやく全面完了。
お疲れさん。

CIMG3291B.jpg
完成。


-AyayukiⅡ-
プロフィール

二代 小坂礼之

Author:二代 小坂礼之
木彫刻職人作家

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。